title HOME > 広報 > 広振ニュース
紛争鉱物関連広報資料の作成
트위터 페이스북 미투데이 다음요즘 스크랩
최초등록 2015-08-13 19:58:32
이름 : 관리자
1303 hit
폰트사이즈 키우기 폰트사이즈 줄이기

一般情報

紛争鉱物規制の定義

アフリカの紛争地域(DRコンゴなど10カ国)で求められている人権侵害、児童労働搾取、性的暴行などの社会的問題を根絶させるための経済的制裁の一環として、先進国を中心に、これらの地域で採掘されている4つの鉱物(3TG:鈴、タングステン、タンタル、金)を紛争鉱物に指定し、採掘資金が反乱軍の軍資金に流出することを防止目的とし企業の紛争鉱物の使用を制限する新たな規制を指します。

紛争鉱物規制波及効果

米国上場企業:毎年紛争鉱物の使用量(14年5月から)の違反時上場廃止まで可能
對米輸出業者:US上場企業ではない場合でも、直接情報提供の義務はないが、Buyer、NGOs、投資機関、企業評価機関等の紛争鉱物情報提供の要求に対応していなければ、取引停止Riskが有り、ブランドがイメージダウンする

紛争鉱物ポリシー

当社は、紛争鉱物の使用と製錬所の把握と関連して下記のような事項を遵守します
1)製品内に4つの鉱物を使用していません
2)4つの鉱物の中で、コンゴ民主共和国および隣接国が原産の金属はありません
3)4つの鉱物の中で、リサイクルやスクラップされた金属を販売している業者から購入することはありません
4)取引しているすべての製錬所を把握しています
5)取引している製錬所は、EICCの認証紛争鉱物未使用の製錬所です

当社は、紛争地域の鉱物関連マネジメントシステムに関連して下記のような事項を遵守します
1)紛争鉱物の使用を禁止する社内ポリシーがあります
2)関連社内ポリシーをホームページで確認することができます
3)当社のTier1会社の方へ紛​​争地域の鉱物の使用禁止を要求しています
4)当社のパートナーにEICCの認証紛争鉱物未使用製錬所から鉱物を購入するように要求しています
5)当社のパートナーに製錬所の情報を提出するように要求しています
6)当社のパートナーに紛争を使用するかどうか状況を作成するように要求しています
7)当社のすべてのパートナーか​​らの紛争鉱物を使用するかどうか状況の報告フォームを受け付けます
8)お客様のパートナーの紛争鉱物を使用するか現状を把握するためのデューデリジェンスを実施しています(Tier1会社から受けた紛争鉱物の使用に関する情報の事実かどうか確認)
9)当社の鉱物情報の確認プロセスでは、改善措置して、システムに含まれています

 
 
Home | Company Overview | Sitemap